御輿来

  • その昔、景行天皇があまりの美しさに御神輿を停められたという御輿来海岸。有明海の向こうに島原半島を望み、雄大な自然のパノラマが広がる名所です。その風光明媚さをお菓子に取り入れた、三種の味が口中いっぱいに広がって、味わい深さを展開します。

    御輿来海岸(おこしきかいがん)宇土半島の北を走る国道57号線のほぼ中央、網田町付近の海岸を御輿来海岸と呼ばれています。第12代天皇である景行天皇が九州遠征にて、この地を通られた際あまりの美しさに神輿をおとめになり、この絶景を観賞されたことから、この地名が付けられたと伝えられています。
    日本の渚100選にも選ばれているこの御輿来海岸は、自然の美しさをまのあたりにできる絶景のスポットで、たくさんの写真家が訪れます。
      • 1 個650円+税